2007年 09月

住宅借入金等特別控除 年末調整だけじゃだめ

2007年 09月 30日 - 18:28 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 申告書・届出書 , 個人向け税務 )

暑い夏も過ぎ、すっかり秋となり、年末調整が気になる時期がやってきた。年末調整に関して、平成19年からの改正事項はいろいろあるが、一番混乱しそうなのは、住宅借入金等特別控除だろうね。昨年までは、適用初年度に所得税の確定申告をすれば、あとは年末調整で税額控除が行われて、ほとんどの人はそれで税金関係は終了だった。


===平成19年10月1日追記=======
下記の内容は、住宅借入金等特別控除額が、所得税の年税額で全額差し引ききれない人の場合ですね。言葉が足りませんでした。
===ここまで===================

しかし、今年から、「税源移譲」なるものが行われているために、住宅借入金等特別控除は、年末調整だけでは済まず、「住民税減額申請書」を平成20年の確定申告時期に、確定申告をする人は税務署へ、しない人は各市町村へ提出することになっている。詳しくは、大分県日出町の「税源移譲による所得税・住民税への影響について(住宅借入金等特別控除・所得変動に係る経過措置)」のWebSiteをご覧なってください。


続きを読む...

レジ袋有料化 名古屋市緑区

2007年 09月 30日 - 17:12 by 桂 一朗

Category : other ( 雑感 )

さて、明日(平成19年10月1日)から、名古屋市緑区の大手スーパーマーケットでのレジ袋が有料化される。名古屋市では当事務所のある緑区が最初です。名古屋市役所の頁は以下の通り、「10月緑区でスタート レジ袋有料化促進モデル事業


恐らく、普段お買い物に行く方々(主に奥様方)はすんなり買い物袋(マイバック)持参で慣れてしまうでしょう。しかし、何気なく思いつきで買い物に行く私などは、買い物袋を持っているはずもなく、有料化の波をもろに受けてしまうのかなぁ~などと考えています。

続きを読む...

減価償却費と特殊支配同族会社 特別償却と税額控除

2007年 09月 29日 - 02:41 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 会社向け税務 )

法人税に関して、減価償却費の損金算入額は限度計算であり任意である。そのため、従来、赤字の場合は、あえて減価償却費を計上せずに済ます、と言うことも行われてきた。会計基準に合致しているかどうかはともかくね、当事務所では現在は余りやってない


しかし、前3年に、減価償却費を限度額いっぱいまで損金経理していないばっかりに、例えば収支とんとん程度にしてしまっていて、その程度の所得だと、当期特殊支配同族会社に該当してしまい、業務主宰役員の役員報酬分の給与所得控除額相当額が、損金不算入となってしまう、なんてことが起こりうる...そりゃ、こんな制度が導入されるなんて、3期前には思いもよらなかったからねぇ~。


同様のことが、特別償却税額控除の選択でも生じる。

続きを読む...

西福岡税務署から納税者の皆様へのお詫びとお願い ご愁傷様でした

2007年 09月 25日 - 02:00 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 時事ニュース )

福岡国税局のWebSiteに9月21日付で「西福岡税務署から納税者の皆様へのお詫びとお願い」が掲載されている。


要するに、9月18日付提出の、所得税確定申告書を廃棄してしまったようです。まぁ、担当者が、気がついたときには、血の気が引いただろうね。


これを教訓にして、ますますe-Taxに力を入れようと思うんじゃないかと邪推してしまいます。....ちょっと邪推が過ぎるかな。ともかく、早期に、納税者が気がつくように祈るだけですねぇ。


基準地価公表(平成19年) 国土交通省より

2007年 09月 19日 - 23:32 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 時事ニュース )

今日(9月19日)国土交通省より、都道府県地価調査基準地価)が公表されました。


公表された基準地価を見てみると、当事務所のある、名古屋市緑区(住宅地)においても、6%~8%程度、上昇しています。


ただ、現状としては、分譲マンション等はすでに余り気味のような気がしますね。ですから、実需がとぎれるようならば、このままどんどん地価が上昇してゆくと言うことにはならないのかなぁ~、などと思ったりしています。もちろん何の統計資料にも基づかない憶測でしかありません。

個人事業主の事業主報酬に係る勤労性に配慮 経済産業省(意見)

2007年 09月 19日 - 01:39 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 個人向け税務 )

夏は、各省庁から平成20年度税制改正に関する意見が出されてくる時期です。経済産業省からも次のような意見が出てきています。「平成20年度税制改正に関する経済産業省意見(概要)」(PDF)


上記の経済産業省の「意見」40頁一番下に、

(5)個人事業主の事業主報酬に係る勤労性に配慮した税制措置(所得税)
という項目があり、内容としては、「個人事業主の事業主報酬に係る勤労性に配慮した所要の税制措置の実現を図る。」だそうで。

続きを読む...

提出期限、ゆうパックじゃなく郵便で

2007年 09月 18日 - 00:07 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 申告書・届出書 )

この夏は暑かったせいか、夏バテ感が強いです。


一昨日(16日)は、セントレア(中部国際空港)へ遊びに行ってきました。「空の日」に当たっていたようで、歴代アテンダントの制服ショーなど催されていて、巨大なカメラを持った男どもが最前列にいる様を目の当たりにしてきました(汗。


まぁ、こんな話だけでは何なので、税務上の申告書の提出に関して、郵政民営化に伴って、郵便局での取扱い小包が、消印有効ではなくなるそうですね。いままでは、期限日の消印さえついていれば、その日に提出したものと見なされてきたんですが、今後小包は駄目だそうで。<熱田支部の支部集会での税務署側報告に出てきた話でした。


結局、申告書を、提出期限日に、税務署が閉まってしまってから提出しようとしたら、日付が変るまでに、税務署のポストに投函、警備員に手渡し、郵便局なら小包ではなく郵便として送るか、の選択肢となります。

特殊支配同族会社の基準所得金額の計算について 税理士会から

2007年 09月 12日 - 00:16 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 会社向け税務 )

日本税理士会連合会から「特殊支配同族会社の基準所得金額の計算について」というPDFが平成19年9月11日付ででてきました。会員向けですが、誰でも見ることができます。


法人税申告書の別表14(一)という、極めて難解で複雑な別表を書かなければならない我々としては、このような解説はありがたいものです。


続きを読む...

贈与税の申告書 共同相続人に開示されてしまいます

2007年 09月 07日 - 01:28 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 相続・贈与・譲渡 ) , FP ( 相続・事業承継対策 )

兄弟がいる場合、他の兄弟に内緒で、こっそり親から贈与を受けると言うこともある。しかし、いざ相続となると、贈与税の課税価格の合計が、他の共同相続人に開示されることとなる(相続税法第49条第1項)。国税庁の頁はこちらです→贈与税の申告内容の開示請求手続


開示請求の対象となる贈与税の申告は、次の2つである。

  • 相続開始前3年以内の贈与(暦年課税にかかわる贈与分)
  • 相続時精算課税制度適用分の贈与

ここで、いくら兄弟といえども、他人の申告内容を開示できるのはおかしいのではないか、と、思う方もいると思うが、上記の2つは、相続税の計算過程に取り込まれるものであるため、贈与を受けた者だけに影響するのではなく、共同相続人全員の相続税の申告に影響するため、開示されないと、相続税額の計算を行うことができないからだ。

続きを読む...

トラックバックの受付を再開します

2007年 09月 06日 - 22:43 by 桂 一朗

Category : other ( 雑感 )

およそ1ヶ月間停止してしたトラックバック受付を、ひとまず、再開してみます。


また、宣伝目的の、当ブログの内容とは、何の関連性のないトラックバックが生じるとは思いますが、しばらく様子見して、検討したいと思います。


以前と同じように、トラックバックをしていただいても、すぐには反映されません。私が内容を見せていただいてから、受け付けるか否かを判断します。

ですから、まれに操作ミス等で、本来受け付けても良いトラックバックが失われることがあります。そのときは、なにとぞご了承いただけますようによろしくお願いします。

久保田酒造合資会社の見学と越前加賀への研修旅行

2007年 09月 04日 - 23:25 by 桂 一朗

Category : other ( ビジネスロー研究会 )

久保田酒造合資会社

私が所属している「ビジネス・ロー研究会(名城)」の研修旅行に9月1・2日の一泊二日で行ってきました


丸岡にある、久保田酒造合資会社(写真は商標である「富久駒」)の久保田直邦様に、こだわりの酒造りのお話しと工場内を見学させていただきました。


良質な地下水をくみ上げ、厳選された地元産の山田米を利用した清酒造りを行っていることなど、非常に熱意あるご説明を頂きました。この場を借りてお礼を申し上げます。

続きを読む...