2010年 11月

町名・町界の変更 桶狭間 八ツ松 緑区はよく変わるね

2010年 11月 07日 - 02:50 by 桂 一朗

Category : 各種法律 ( 商業登記 )

名古屋市緑区では、今年も町名・町界の変更が行われました。古い町名が多いからか、ここ数年毎年変更になっています。今年は、「桶狭間中部地区」「八ツ松地区」の2か所です。名古屋市WebSiteでの案内は「名古屋市緑区の一部で町名・町界変更を実施(平成22年11月6日実施)」です。

住所が変わったことによりやらなければならない手続きは、個人の場合、年金に関して、職場や年金事務所へ自分や配偶者の住所が変わったことを届け出る程度でしょうか。

法人の場合は、「本店所在地」が変更になってしまうので、商業登記の変更は必須でしょう。また定款や規則等の変更を行う必要がでてきたりします。登記に伴う、登録免許税は役所から発行される「住所変更証明書」を添付すればかからないようにはなっていて(登録免許税第5条第5号)、一定の配慮はあるといえますが、手間がかかるというデメリットを甘受しないといけません。

続きを読む...

有斐閣の判例六法professional(平成23年版)を購入してきました

2010年 11月 02日 - 00:33 by 桂 一朗

Category : 各種法律 ( 時事ニュース )

有斐閣判例六法Professional 平成23年版

有斐閣判例六法Professional 平成23年版

有斐閣
¥ 5,460 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
5 (私のおすすめ度)
0 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫切れ
(価格・在庫状況は5月26日 18:35現在)
有斐閣の判例六法professional 平成23年版を購入してきました。私としては、租税法に判例がついたので、買わずにはいられませんでした。

いわゆる、相続税の対象となった年金受給権は所得税の課税はないとされた「最判平成22年7月6日」も収録されています。所得税法9条(非課税所得)および所得税法207条(源泉徴収義務)の条文の判例となっています。

この六法のAmazon等に出ている紹介文において、"新たに判例を付加した法令に「租税法総論」"となっていたので、いったいどういう法令なんだろうと思っていましたが、「租税法総論」という法令が収録されているわけではありませんでした。法令名索引に次のように説明されています。

租税法の通則的事項の判例を、「租税法総論」として収録した。
ということで、「租税の意義」や「租税法の基本原則」といった見出しに従い、各税法に横断するような内容の判例を収録しています。わかりやすいですね。

カバーも含む全体の重さは2,258gです。以前持っていたものより軽くなったような気がします、また、六法を開いたまま机の上に置いておきやすくなりました。なかなか良い感じですねw