税理士・税理士法人に対する懲戒処分 我々は学ぶチャンスはないの?

2010年 07月 04日 - 16:37 by 桂 一朗

平成22年6月29日付で懲戒処分を受けた税理士・税理士法人が官報(号外136号)で公告されたようです。最近は官報もインターネットで公開されていて、現在では公開から30日間はインターネット上で見ることができます。もちろん、その後間もない時期に、国税庁WebSiteにも掲載されてしまうのですが・・・

今回は18件でした。びっくりするぐらい多いけど(汗。前回の平成21年12月22日は14件、その前の平成21年6月29日は12件でした。税理士法人と代表社員と同時に処分されていたりして、処分件数が1事案で2件となってしまう場合がありそうですが、いずれにせよ増加しています。


さて、一介の税理士としては、なぜ処分されるようなことが起きるのか?。失敗事例から学びたいものなのですが、公告されているだけの内容では全く意味不明なのですよね。

そもそも、どんな手続により処分されてゆくのか、反論がある場合にはどのような防御方法があるのかとか・・・税理士に登録するときに何か税理士会からレクチャーがあっただろうか・・・。既に税理士になっている私としては、研修会でも開いて欲しいなぁ。


このブログの関連記事 for: 税理士 懲戒処分


Google 検索 for: 税理士,懲戒処分

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%35%32%63%64%33%35%34%31%38%32%35%39%64%66%36%30%33%30%64%30%61%34%66%37%61%34%64%65%34%34%31%37%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%38%35%38%32%36%36%64%61%65%32%34%63%30%33%64%65%30%35%38%38%62%65%35%32%38%39%65%62%65%62%66%62%22%3e