2007年 06月

事業承継円滑化特例法案 与党税制改正

2007年 06月 14日 - 01:56 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 事業承継 ) , FP ( 相続・事業承継対策 )

日本経済新聞の6月12日付記事に「同族会社株の相続減税・非上場対象、自民が新法制定へ」とある。内容は、中小企業の事業承継のために、

非上場の同族会社株を相続する場合の課税価格を抑えて相続税負担を軽減。相続時に後継者以外の妻や子供に最低限保障している財産の取り分(遺留分)を放棄する際の手続きも簡素化
を目的とした新法を検討するという話である。


"課税価格を抑えて、相続税負担を軽減"の方は理解がしやすいと思うが、次の"遺留分"がなぜ、事業承継に関して問題になるかピンと来ないかもしれない。こういった話の入門書として、次の書籍を紹介しておく。


入門 企業承継の法務と税務

入門 企業承継の法務と税務
大野 正道、大島 一徳、松嶋 隆弘
システムファイブ
¥ 2,100 (定価)
在庫切れ (Amazon価格)
なし (Amazonポイント)
4 (私のおすすめ度)
 (Amazonおすすめ度)
単行本
在庫切れ
(価格・在庫状況は7月4日 7:51現在)
あぁ、画像がないや...
続きを読む...