2006年 07月

事前確定届出給与で社会保険料の節約

2006年 07月 03日 - 17:08 by 桂 一朗

Category : 税務・会計 ( 申告書・届出書 ) , FP ( 社会保険関係 )

あまり使えなさそうな事前確定届出給与なんですが、これを使って、個人負担の社会保険料を節約しようという話です。


今から書く内容は、賞与をいくら払っても健康保険料は上限200万円、厚生年金保険料は上限150万円として計算することを利用するものです。



社長の年間給与支給額を1200万円とした場合、「月給100万円で支払う場合」と「月給40万円で賞与を360万円を夏冬2回払う場合」との社長個人の社会保険料と年税額の比較をします。


前提条件は以下の通り


  • 社長の年齢は39歳(介護保険適用なし)

  • 社長なので雇用保険の適用なし

  • 健康保険料は4.1%、厚生年金保険料は7.144%とする

  • 定率減税は10%(上限125,000円)

  • 税金の計算のための所得控除は社会保険料控除と基礎控除のみ

  • ただし、事前確定届出給与は18年4月1日開始事業年度から適用です


が、比較の簡易化のために18年1月1日から18年12月31日で計算します。


====追記(平成19年4月3日)====

賞与に関する健康保険料の計算方法が、この平成19年4月1日から変更になっています。ですから、このアイテムの記述は、そのまま当てはまらないのでお気をつけください。


====追記ここまで=============
続きを読む...