個人住民税 特別徴収税額の通知書が来ます

2007年 05月 16日 - 00:22 by 桂 一朗

サラリーマンの個人住民税(市民税・県民税)の納税は、ほとんどの場合、給与からの天引きで行われている。具体的な説明は、秋田県能代市の「個人住民税の特別徴収」のページをご覧下さい。


給与から所得税を差し引くことを源泉徴収といい、給与から個人住民税を差し引くことを特別徴収といいます。差し引かれる本人にとっては、どんな呼び名なのかは問題ではないでしょうけど。サラリーマンの個人住民税は6月から新年度分へ改定されることになっているので、来月から金額が切り替わることになる。



そこで、この5月に、6月から新しい税額へ切り替えるための「特別徴収税額の通知書」が、給与支払者(会社)あてに送付されてきている。ご覧になった、給与計算担当者の皆様は、税源移譲を実感されていることだろう。一般人で、税源移譲というものを初めて実感するのが皆様ですw


このブログの「源泉徴収税額表(平成19年1月以降分)が公表されました」で述べたとおり、すでに源泉徴収税額は変更されている。個人住民税は一律10%となったために、比較的所得の低い人は、個人住民税が大きく増税されているように感じる。もちろん、この増税感は、たんに税源移譲したためだけではなく、定率減税が無くなっていることなどで、もともと増税なので、よりいっそう厳しく感じるでしょう。


給与計算担当者の皆様は、来月、従業員の皆様へ、給与明細を渡すときに、どのように説明すれば納得してもらえるか、準備をされた方がよいかもしれませんねぇ。


このブログの関連記事 for: 個人住民税 特別徴収 税源移譲


Google 検索 for: 個人住民税,特別徴収,税源移譲,市民税,県民税

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%61%64%39%65%37%39%39%36%37%37%61%65%33%66%38%36%61%37%30%39%38%36%32%32%35%61%35%37%62%33%37%61%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%65%66%63%39%35%37%64%34%31%30%32%64%33%39%65%61%38%61%37%31%38%61%31%64%39%37%30%36%61%30%31%63%22%3e