贈与税の申告書 共同相続人に開示されてしまいます

2007年 09月 07日 - 01:28 by 桂 一朗

兄弟がいる場合、他の兄弟に内緒で、こっそり親から贈与を受けると言うこともある。しかし、いざ相続となると、贈与税の課税価格の合計が、他の共同相続人に開示されることとなる(相続税法第49条第1項)。国税庁の頁はこちらです→贈与税の申告内容の開示請求手続


開示請求の対象となる贈与税の申告は、次の2つである。

  • 相続開始前3年以内の贈与(暦年課税にかかわる贈与分)
  • 相続時精算課税制度適用分の贈与

ここで、いくら兄弟といえども、他人の申告内容を開示できるのはおかしいのではないか、と、思う方もいると思うが、上記の2つは、相続税の計算過程に取り込まれるものであるため、贈与を受けた者だけに影響するのではなく、共同相続人全員の相続税の申告に影響するため、開示されないと、相続税額の計算を行うことができないからだ。


暦年課税にかかわる贈与の方は、4年以前は開示されないから、贈与税の申告をしても、他の共同相続人に内緒にしておける(それがよいかどうかは議論があろうが..)、しかし相続時精算課税制度を利用してしまうと、たとえ10年前でも開示の対象となる。


開示の対象となり、贈与を受けていることが判明すれば、他の兄弟から特別受益と考えられても不思議はない。


また、親の側も、そばにいてくれる子に、余分に相続させたいと思っても、法定相続分は兄弟間で均等であるため、できれば生前に贈与を行って、特定の子に、より多くの財産を受け継がせようとしても、開示の対象となってしまっては、結果、遺産分割をこじらせかねない。


もし、こっそり贈与をしたいのであれば、暦年課税の贈与を行い、贈与をしてから長生きすることを心がけ、かつ、相続時精算課税制度の利用は見合わせるべきであろう。


すくなくとも、この場で、「贈与税の申告をせずに済ます」、という結論を出すわけにはいかない(汗。


このブログの関連記事 for: 贈与税 開示 相続税


Google 検索 for: 贈与税,開示,相続税

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%31%30%37%34%35%32%38%61%64%32%66%33%32%36%62%37%36%34%30%63%38%38%32%33%30%66%66%38%65%64%38%34%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%64%37%39%66%65%36%66%33%30%66%62%63%37%36%36%61%61%32%31%36%34%65%31%35%64%65%30%33%39%65%66%31%22%3e