住宅借入金等特別控除 年末調整だけじゃだめ

2007年 09月 30日 - 18:28 by 桂 一朗

暑い夏も過ぎ、すっかり秋となり、年末調整が気になる時期がやってきた。年末調整に関して、平成19年からの改正事項はいろいろあるが、一番混乱しそうなのは、住宅借入金等特別控除だろうね。昨年までは、適用初年度に所得税の確定申告をすれば、あとは年末調整で税額控除が行われて、ほとんどの人はそれで税金関係は終了だった。


===平成19年10月1日追記=======
下記の内容は、住宅借入金等特別控除額が、所得税の年税額で全額差し引ききれない人の場合ですね。言葉が足りませんでした。
===ここまで===================

しかし、今年から、「税源移譲」なるものが行われているために、住宅借入金等特別控除は、年末調整だけでは済まず、「住民税減額申請書」を平成20年の確定申告時期に、確定申告をする人は税務署へ、しない人は各市町村へ提出することになっている。詳しくは、大分県日出町の「税源移譲による所得税・住民税への影響について(住宅借入金等特別控除・所得変動に係る経過措置)」のWebSiteをご覧なってください。



上記の日出町の当該ページに「住民税減額申請書」がPDFで上がっています。具体的には、「平成  年度分 市町村民税 道府県民税 住宅借入金等特別税額控除申告書」(PDFへ直接リンクしています)という表題です。


皆様も、ご覧になるとわかると思うが、これを納税者に書かせるのか~...とため息が出ますね。まぁ、例年、確定申告を行う者は、手引き等を見て書けると思うけど、給与所得者で確定申告をしなくても良い、年末調整だけで済んでいた者に、このような書面を書かせるのは酷だよねぇ。


市区町村の担当者は、がんばってね。我々、税理士も確定申告期の無料相談ではがんばるから(泣。


ともかく、まずは、年末調整の時に、住宅借入金等特別控除を適用している従業員の皆さんへ、このような制度の改正があったということを十分知らせてあげてください<経理担当の皆様


このブログの関連記事 for: 年末調整 住宅借入金等特別控除 減額申請書


Google 検索 for: 年末調整,住宅借入金等特別控除,減額申請書,平成19年

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%30%39%37%33%64%39%61%30%34%30%38%66%61%64%62%66%30%35%33%38%33%63%39%39%33%36%31%35%61%63%61%31%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%63%64%30%36%63%63%39%30%66%61%39%33%30%32%63%34%30%64%65%33%35%39%38%32%64%34%34%30%35%65%39%34%22%3e