遺産分割協議 「第三者へ利益を与える処分」 最判がでてました

2010年 01月 18日 - 01:19 by 桂 一朗

以前、遺産分割協議に関して、国税徴収法の基本通達「第39条関係 無償又は著しい低額の譲受人等の第二次納税義務」の(第三者に利益を与える処分)に、東京高裁の判決平成20.2.27が根拠として出されているので、このブログで、「遺産分割協議は、国税徴収法39条の「その他に利益を与える処分」」として、言及したことがある。

どうやら、この上告審が昨年末に「棄却」となっていたみたいですね。

手がかりとして、次の画像を置いておきます。平成21年12月10日最判 事件番号平成20(行ヒ)177です。


平成21年12月10日最判第二次納税義務告知処分取消請求事件

内容は、裁判所WebSiteから、事件番号等を手がかりに、検索してご覧になっていただきたい。

遺産分割協議の際、詐害の意思があろうと無かろうと、国税徴収法第39条の第二次納税義務はついてまわると言うことなんだよねぇ。

共同相続人間で、租税の滞納があるかないかなんて、お互いに確認しづらいけどなぁ・・・。この事案の場合は、詐害の意思があったのかもしれないけど


このブログの関連記事 for: 遺産分割協議 滞納者 第三者に利益を与える処分


Google 検索 for: 遺産分割協議 滞納者 第三者に利益を与える処分

2 Responses

  1. みむら : 2010年 01月 19日 - 13:03 -

    遺産分割協議で「私は少し現金もらえればいいんですよ」とか言い出す人がいたら疑わなきゃいけないのですねーー;

  2. 桂 一朗 : 2010年 01月 19日 - 17:13 -

    みむら様、こんにちは。
    税理士が疑うのも妙な話なので、共同相続人の間で、打ち合わせをしてもらうしかないのかなと思います。

    また、共同相続人の間で、「示し合わせ」がある場合、我々にはうかがい知れません。

    「示し合わせ」が無い場合も、知らずに遺産を受け取る相続人に第二次納税義務がある、と言う判断なので、予期せぬ資金の流出が不意にやってきます。

    私にできることは、こういう話がありますよと、注意を促す程度でしょうか・・・

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%39%65%34%61%33%37%63%64%64%64%35%65%37%35%32%66%37%61%64%33%31%31%33%61%66%36%37%61%61%34%33%61%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%38%31%61%38%38%66%66%33%34%30%65%33%63%61%38%62%63%36%39%64%36%33%63%65%35%37%34%30%36%33%34%39%22%3e