年末調整のための書類がでてきてます 扶養控除等(異動)申告書など

2010年 09月 14日 - 02:02 by 桂 一朗

暑い夏が過ぎようとするときに、年の瀬の風物詩、年末調整のための書類がでてきています(平成22年9月10日付)。なんといっても、目新しいのは、「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」ですね。

平成22年度税制改正において、扶養控除が見直されました。適用は平成23年からとされたため、今年の年末調整時期に配られる「扶養控除等(異動)申告書」から改正となっているわけです。

住民税と所得税と泣き別れとなっている部分をどうするんだろうと思っていましたが、結局、「扶養控除等(異動)申告書」に住民税の欄が設けられ、平成22年までは、税務署長あての書類だったのが、平成23年分からは税務署長と市区町村長の両者へ提出すべき書類(実際には提出しないのですけれども)とされています。


記載する内容としては、「扶養親族」と「控除対象扶養親族」との区別にとまどうでしょうね。

所得税では、16歳未満の扶養親族は所得控除の"控除対象"ではなくなっているため、16歳以上だけを控除対象扶養親族と名付け、扶養控除等申告書に記載させるようになっています。

思わず書きたくなりますね。16歳未満の子供の名前を!

また「住民税に関する事項」という欄が別に設けられていて、16歳未満の扶養親族は、そこに記載するようになっています。こっちの欄は、平成22年分までなかったので、書かずに済ませてしまいそうです・・・。

年末調整の担当者は、従業員に対して充分周知しないと、間違いだらけで困ってしまいそうです。


このブログの関連記事 for: 年末調整 扶養親族 控除対象扶養親族


Google 検索 for: 年末調整,扶養親族,控除対象扶養親族

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%62%38%36%62%31%34%37%64%62%38%36%64%62%30%61%30%34%31%66%33%61%35%61%63%31%64%36%61%35%33%64%33%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%32%35%63%31%61%61%65%38%38%31%32%30%37%61%61%64%32%63%31%61%34%35%33%36%38%37%64%64%39%61%65%30%22%3e