特殊支配同族会社(実質一人会社)逃れ

2006年 07月 31日 - 00:53 by 桂 一朗

特殊支配同族会社とならないためには、10%超の株式を第三者に持ってもらうことが一番容易な対策かな、と考えたときもありました。しかし、そうは問屋が卸さない、とばかりに、下記のような当局の対策がとられています。

  • 特殊支配同族会社の株式を、10%超(例えば11%)第三者に譲渡したとき、この譲渡に「経済的合理性」が必要とされた(税務通信No.2919)。

  • 譲渡された第三者が、議決権においてオーナーの意志に従うことを約している場合には、その譲渡された株式はオーナーの株式とみなす(法人税法施行令第72条4項)とされている(若干意訳してある)。
じゃぁ、「経済的合理性がある、ということは何か」、また、「オーナーの意志に従うことを約していない、と言うことを示すためには何が必要か」という2つの点が現在において最も興味深い内容ですよね。



てぇ、ことで「私見によれば」とことわりつつも、下記の要件があれば、株式の譲渡が特殊支配同族会社逃れとはならないのではないか、と思うことをここに記しておきます。


  1. その第三者が、譲渡後、現実に配当金を受け取っていること

  2. 譲渡時点において、会社に剰余金の分配可能額が存在すること

  3. その第三者が適切な時価で、譲渡の対価を支払っていること

  4. その第三者が、会社法の規定に基づいて、株主総会の議決権の行使の機会を与えられていること、もしくは、実際に行使していること

1~3は「経済的合理性」の存在を立証するものです。


2/3超の株式を持つオーナーがいる会社の株式を所有しようとするのであれば、剰余金を受け取る権利を欲するために株式を買う、という以外考えられないのではないでしょうか。ですから、その譲渡の対価とその後の配当金とが見合えば、経済的合理性の存在を予想させることになるのではないか、と考えます。



4番目は、オーナーの意志に従うことを約していないことを示すための要件です。


おそらくこれまで、オーナー会社は、株主総会を現実に開催しないことが普通でした。しかし、株主である第三者に対して、招集通知など会社法に定められた手続きを現実に行い、株主総会を実際に行うべく手順を踏んだ後、株主総会を実際に開き、議事録を残しておけば、オーナーの意志に従うことを約していないことを立証できる、と考えます。



さ~て、上記に関して、賢明なる皆様は異論百出 & そんなことを実際にできるかぁ~とお考えでしょうが、ともかく書いておこう(汗。


いずれ、国税庁から上記の「経済的合理性」や「意志に従うこと」の具体的説明があるでしょうね。それをお楽しみに!ってところです。


このブログの関連記事 for: 譲渡 経済的合理性 第三者


Google 検索 for: 譲渡, 経済的合理性, 第三者, 特殊支配同族会社, 同族会社, オーナー, 株主総会, 株式

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%36%39%36%61%38%65%64%35%62%38%35%66%65%38%31%66%37%63%64%30%37%30%34%30%38%64%32%64%31%36%35%64%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%63%62%33%66%37%39%61%36%32%30%36%39%32%31%36%36%37%62%32%31%36%64%39%35%37%31%33%64%34%33%34%31%22%3e