米:セカンドライフの仮想世界通貨に課税?

2007年 01月 04日 - 11:33 by 桂 一朗

アメリカのオンラインゲーム「セカンドライフ」での経済活動に課税が検討されているようですね。ニュースソースはFujisankei Business i.です。



このセカンドライフはリンデンラボが運営しているオンラインゲームです。疑似通貨であるリンデンダラーを現実通貨である米ダラーに交換できるようになっているみたい。


つまり、ゲーム内での経済活動が現実社会に影響を与えるのであれば課税を....と考えるのは当然かもしれません。





昔からオンラインゲームのアイテムをユーザー間で取引を行うRMT(リアルマネートレーディング)という経済活動はありましたけどね~。

日本においては、RMTは非正規の取引であることなどから、あまり大規模には行われておらず、今のところ課税を!というほどのところまでは来ていないみたいです。


しかし今回のアメリカにおけるセカンドライフは、疑似通貨であるリンデンダラーと現実通貨である米ドルとの交換レートがあったりして、経済取引として無視し得ない状況だと考えたのでしょう。


いずれ日本でもセカンドライフのようなオンラインゲームが行われたときには、同様の課税の問題が出てくるでしょうね。



もちろん、当局がどうやって、その所得を捕捉してゆくのかは、現状ではわからないです。たぶん現実の通貨に交換したときに一定の税率をかけるとか、その当たりじゃないでしょうか。ゲーム内での所得計算を行うというのが正当でしょうけどねぇ。


このブログの関連記事 for: セカンドライフ リンデンダラー 課税


Google 検索 for: セカンドライフ,リンデンダラー,課税,オンラインゲーム

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%33%65%31%33%66%34%33%65%39%33%61%35%66%36%38%37%31%61%61%63%34%33%66%37%32%65%66%66%63%39%63%32%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%64%37%34%65%31%61%37%31%32%65%63%63%39%62%61%38%62%61%66%32%30%38%62%61%66%63%31%31%30%33%31%38%22%3e