2009年 12月

平成21年を振り返って

2009年 12月 31日 - 00:25 by 桂 一朗

Category : other ( 雑感 )

今年も、大晦日となりました。長い一年だったと思います。

平成20年の終わりから始まった景気後退感は、今年の1月には恐慌であるかのような感覚すら覚えるほどの受注の減少に見舞われました。通常の不景気であれば、とある業種が悪くても別の業種は良い、というように「まだら模様」になるのですが、今回はありとあらゆる業種が売上高が維持できない環境となってしまいました。

おそらく、当事務所のある名古屋市南部は、某大手自動車メーカーの影響を強く受けるため、このような状況になってしまったのでしょう。

従業員の給与カット・解雇というような、以前であれば避けて通りたい「コスト削減」手法も、今回は否応なく実施せざるを得ず、「雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金」といった助成金を申請する企業が後を絶たない状況がこの1年間続きました。

正直、来年の今頃、この地をはうようなこの景気が続いていたなら、どれだけの企業が残っているだろうと、背筋が寒くなる思いです。

もちろん、中小企業は、大手企業の利益が上昇した後でしか、利益が回復しないという特徴があるため、時間がかかるのは仕方がないと言えます。

唯一、良い機会だと感じるのは、非上場株式等の移転(贈与・譲渡)を行うのは、株価が下がった今が負担が少なく、良い時期ではないかと思っています。もちろん、その企業に未来があればの話ですが・・・