個人の固定資産(減価償却)関係・・・

2009年 01月 28日 - 14:38 by 桂 一朗

個人の固定資産を巡る減価償却などの覚書をしておこうと思う。あくまで私個人の覚書なので、用語等不正確である。

  • 平成20年改正があった耐用年数の改正は、平成20年の所得税申告には関係ない。この改正は個人の場合、平成21年から。
  • しかし平成21年1月に申告した償却資産申告書は平成20年に改正された耐用年数で行う。従来から持っていた固定資産も全部変更。
  • 平成19年4月1日以後取得した固定資産は、平成19年改正の定率法・定額法で減価償却計算を行う。
  • 平成19年3月31日以前取得固定資産は、旧定率法・旧定額法である。
  • 平成19年に、償却限度額まで償却ずみ固定資産は、平成20年ではその未償却額を5で割った均等償却に移り変わる。個人では今度の確定申告が始めてである。
  • 平成20年4月1日以後契約の所有権移転外ファイナンスリースは資産計上を行い、リース期間定額法により償却する。
  • 平成20年3月31日以前契約の所有権移転外ファイナンスリースは従来通り賃借料処理でよい。
  • 一括償却資産は従来通り存続している(取得価額10万円以上20万円未満)
  • 少額減価償却資産の特例(措法28の2)は適用期間が延長されているため平成20年も適用可能である(取得価額30万円未満)。
  • 一括償却資産は償却資産税の対象とならないが、少額減価償却資産は対象となる。これは従前通り。
  • 非業務用資産を業務用にした場合、平成19年4月1日以後であっても、従来通り耐用年数を1.5倍して旧定額法により未償却残高を計算する。

他にも、資本的支出があった場合や、あまりないと思うが償却方法を変更した場合など盛りだくさんだ。

正直、相当注意力を要する。

はたして「自主申告を!」と言いつつ、こんな制度じゃ難しいじゃないかと、小一時間・・・・。


このブログの関連記事 for: 個人 固定資産 減価償却


Google 検索 for: 個人,固定資産,減価償却

Leave a Reply

「お名前:」は必須
「ウェブサイト:」「メール:」は任意です。
また、このページを開いた後、一定時間経過すると、コメントを書き込めません。ご不便をおかけしますが、スパム対策ですので、なにとぞご了承下さい。

%3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%36%64%37%63%34%33%32%65%30%30%34%34%35%30%64%33%66%38%38%33%39%64%38%32%64%31%36%36%31%35%63%32%22%3e %3c%69%6e%70%75%74%20%74%79%70%65%3d%22%68%69%64%64%65%6e%22%20%6e%61%6d%65%3d%22%6e%70%5f%70%72%6f%74%65%63%74%62%79%6d%64%35%5f%68%61%73%68%22%20%76%61%6c%75%65%3d%22%39%38%62%31%32%38%32%33%66%65%31%32%38%64%66%34%62%30%64%31%31%39%61%61%32%61%37%35%38%33%65%38%22%3e